PAUL McCARTNEY / QUEBEC CITY 400th ANNIVERSARY CELEBRATION CONCERT 【2CD+DVD】

PAUL McCARTNEY / QUEBEC CITY 400th ANNIVERSARY CELEBRATION CONCERT 【2CD+DVD】

販売価格: 10,000円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

サウンドボード2CD + プロショットDVD 完全収録で全部プレス盤のカナダ公演!

リバプール・サウンド・コンサート、ウクライナ・キエフでのインディペンデンス・コンサートに続き、ポール・マッカートニーの最新ライヴが早くもリリースです!! 2008年7月20日、カナダはケベックにおける市政400周年記念のフリー・コンサートをサウンドボードで完全収録+プロ・ショット完全収録のリリースです。ここまで揃えば文句はつけられない!! サウンドボードも映像も全部セットで!

昨今のポールを取り巻く状況はとても良好なもので、離婚騒動も一段落し、また新しい彼女も出来たようで、そんなプライベートでの充実を反映させ、今年に入って3度目となるコンサートのどれもが素晴らしい内容。 既に66歳という、ロックスターとして前人未到の年齢に到達しているポールの心境やいかに、苦楽を共にしたジョンやジョージが鬼籍に入った今、おそらく10年後、或いは5年後ですら、どのような状態でステージに立てるかわからない、 だからこそ元気な今のうちに懸命に走っているかのような、そんな鬼気迫るものを感じざるをえません。ここ数年は毎年のようにツアーが行なわれていますが、ツアーを経るごとにセットリストは充実していき、 通常どれも聞いてもMCすら同じコンサートと揶揄されるポールのコンサートにあって、2008年はコンサートごとにセットリストを変更し、常にサプライズを与えてくれる、どれも聴き逃せないものばかり。

このケベックでのコンサートは、まさに今までのキャリアの集大成とも言うべき、かつてのツアーで目玉となった曲を随所に盛り込み、人は50歳を越えるとどのように人生を終えるかまとめに入るといいますが、 まるでポール自身が人生の集大成を意図しているような気さえします。 実際に1曲目はウイングス時代の代表曲のひとつ「Jet」で開幕するというパターンは2004年のツアーであり、 2曲目「Drive My Car」も1993年に続き2007年もオープニング・ナンバーに選ばれた曲。 そして新曲「Only Mama Knows」や、2005年に初披露された「Fine Line」など、年代幅広く選曲がなされていることがわかります。 その他にも2004年に初演され話題となったラスティがジョンの代役を務める「I’ve Got A Feeling」。アコースティック・コーナーではリフレインが繰り返される「I’ll Follow The Sun」、 ジョージの追悼曲「Something」は後半エレクトリック・バージョンに推移していくアレンジで、 ジョンの追悼曲「A Day In The Life ? Give Peace A Chance」も今年の目玉として披露されました。

2005年USツアーで初演され話題となった「Too Many People ? She Came In The Bathroom Window」、 400周年記念だけに「Birthday」、そして2002年以降のツアーで演奏されている「SGT.Pepper’s Reprise ? The End」のメドレーなど、それぞれのツアーの目玉を惜しげもなく次々と投入されるセットリストに圧巻。 演奏は多少ミスが多く、ポールの歌詞も怪しいところが多々見受けられますが、そんな些事は気にならないくらい、気迫で押し通すステージ。何をもってここまでのモチベーションをポールに与えているのか、その心境を察するに感動的なコンサートです。

ディスク1と2はサウンドボード録音にて完全収録。完璧なセパレートのステレオ・サウンドボード音源で、このコンサートを完全再現してくれます。 時折フランス語のMCを交え、大規模なフリー・コンサートに相応しい雄大な雰囲気がたまりません。 2007年は二百人前後の規模の小さいコンサートをやったと思えば、今年は数万人規模の前で演奏と、それぞれ異なった構成のステージはポールならでは。

さらにディスク3は、この記念すべきコンサートをプロショットで完全収録したDVDになります。 画質はリバプールのようなハイビジョン映像にはかないませんが、ウクライナと同質といえば想像できますでしょうか。このクオリティでコンサートの全貌を見ることができる、こんな素晴らしいことはありません。

リバプール、ウクライナに続く2008年3度目のコンサート。カナダはケベックにおける大規模なフリー・コンサートで、 それをサウンドボード完全収録CDとプロショット完全収録DVDのセット。毎回、最新ライヴが行なわれるたびに速攻勝負でリリースされる、 ネット落としのボケ写真を使ったプリントアウトのジャケットに壮丁された安易なCDRやDVDRを見ると、とても悲しくなります。 本作はそれらとは一線を画す、愛情いっぱいあふれる作りこまれた永久保存のがっちりプレス盤。美しいピクチャー・ディスク仕様です。あなたのCDラックのポールの棚に並べると特別な輝きを放つ、そんな大切な宝物になればいいなと思います。

DISC ONE
01. Audience Applause
02. Jet
03. Drive My Car
04. Only Mama Knows
05. All My Loving
06. Flaming Pie
07. Got To Get You Into My Life
08. Let Me Roll It
09. C Moon
10. My Love
11. Let 'Em In
12. Fine Line
13. The Long And Winding Road
14. Dance Tonight
15. Blackbird
16. Calico Skies
17. I'll Follow The Sun
18. Michelle
19. Mrs. Vanderbilt
20. Eleanor Rigby
21. Something

DISC TWO
01. A Day In A Life - Give Peace a Chance
02. Good Day Sunshine
03. Too Many People - Bathroom Window
04. Penny Lane
05. Band On The Run
06. Birthday
07. Back In The U.S.S.R.
08. I've Got A Feeling
09. Live And Let Die
10. Let It Be
11. Hey Jude
12. Lady Madonna
13. Get Back
14. I Saw Her Standing There
15. Yesterday
16. Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band - The End

DVD DISC
01. Interview
02. Interview
03. Interview
04. Opening
05.Jet
06. Drive My Car
07. Only Mama Knows
08. All My Loving
09. Flaming Pie
10. Got To Get You Into My Life
11. Let Me Roll It
12. C Moon
13. My Love
14. Let 'Em In
15. Fine Line
16. The Long And Winding Road
17. Dance Tonight
18. Blackbird
19. Calico Skies
20. I'll Follow The Sun
21. Michelle
22. Mrs. Vanderbilt
23. Eleanor Rigby
24. Something
25. A Day In A Life - Give Peace a Chance
26. Good Day Sunshine
27. Too Many People - Bathroom Window
28. Penny Lane
29. Band On The Run
30. Birthday
31. Back In The U.S.S.R.
32. I've Got A Feeling
33. Live And Let Die
34. Let It Be
35. Hey Jude
36. Lady Madonna
37. Get Back
38. I Saw Her Standing There
39. Yesterday
40. Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band - The End