PAUL McCARTNEY / SECRET GIG 1991 JULY 【3CD】

PAUL McCARTNEY / SECRET GIG 1991 JULY 【3CD】

販売価格: 6,000yen(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

マニア必携Mクローデル・レーベルより、ポールの1991年シークレットギグがリリースになります。1990年に大規模なワールドツアーを終え、次なるツアーに向けての充電期間であったこの年。年始にMTVアンプラグドに出演し、それは『Unplugged Official Bootleg』として結実しました。この完全版もMクローデル・レーベルよりリリースされています。その後、あまりブランクが開くとバンドの力量が落ちるという懸念から、小規模なツアーを行なうことになったのです。 上記のように、バンドの力量を維持するためのものなので、日程は無理なく、1991年の5月から7月にかけての3か月間、それぞれ月に2度のコンサートを行なったのです。このツアーは大規模なワールドツアーの狭間にあって、事前の告知も最小限にサプライズ的に計画され、シークレット・ギグと呼ばれている、わずか6公演のみのミニツアーでした。

このような特別なツアーなだけに、セットリストやアレンジに大きな特徴があり、ファンの間でも人気の高いツアー。前半はアコースティック、後半はバンド編成と、2部構成になっており、アコースティックは前述のアルバム『Unplugged Official Bootleg』収録のナンバーが中心。とはいっても、スタジオライヴと異なり、小さいとはいえライヴ会場での演奏なので、その雰囲気はかなり異なったものとなっています。アルバムには未収録であった「Down To The River」なども聴きどころの一つ。また「Coming Up」は、これはもう、このようなツアーでしか出来ないような、超スローなブルース的アレンジのバージョンになっており、非常に驚きます。

本作に収録の2公演は、最後の月、7月に行なわれた2公演を収録しています。まず最初は1991年7月19日、このツアー唯一イギリスでのコンサート、クリフス・パビリオン公演を完全収録。ご存じの方も多いと思いますが、同ツアーのミーンフィドラーなど音はクリアなのですが、ポールの声より観客の歌う声の方が大きいという欠点がありました。狭い近距離な会場がメインだったので、それは致し方ない部分でもあるのですが、このクリフス・パビリオン公演はそのようなことはなく、ポールのヴォーカルがはっきり聴こえるこのツアー最良のものとなっています。しかも面白いのは、「I Saw Her Standing There」において、演奏が終わったにも関わらず、熱狂的なファンを前に、ポールが同曲を再びリプライズするのです!このようなパターンは他に見当たりません。また、この日のコンサートの特徴としては、途中で詩の朗読コーナーが挿入される点です。エイドリアン・ミッチェルという詩人が、ポール作の詩を朗読するというコーナーがコンサートの途中に設けられるという、いっぷう変わった趣向で、バックではバンドが「Junk」をBGMとして演奏しています。

また後半は、1991年7月24日コペンハーゲン公演を完全収録しています。こちらは詩の朗読コーナーこそありませんが、やはりアンプラグドの前半、バンドの後半と、二部構成のコンサートとなっています。興味深いのはポールが曲順を間違えてしまい、一度「High Heeled Sneakers」を演奏しだすものの、すぐに間違いだと気付いて演奏を中断、仕切りなおすというシーンがあるところ。もちろん「High Heeled Sneakers」は1曲あとに完全に演奏し直されています。一曲くらい前後しても構わないのではないかと思いますが、そこは当初のステージ構成通りやらねばならないという、ポールのステージの、よく言えば完全主義、悪く言えば融通の利かなさが露呈している場面です。

1991年シークレットギグの最終7月に行なわれた2公演を高音質完全収録。非常にレアな短期ツアーなだけにタイトルが限られているツアーでしたが、7月19日クリフス・パビリオンはCDとしては初登場、7月24日コペンハーゲン公演も音質アップでのマスター収録です。さらにボーナストラックでは、この両公演を伝えるテレビ・レポートやラジオ・レポートを収録。一部ですがサウンドボードでこれらのコンサートを聴くことができます。もちろん美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

Cliffs Pavilion, Westcliff-On-Sea UK July 19, 1991
DISC ONE
01. Mean Woman Blues
02. Be-Bop-A-Lula
03. We Can Work It Out
04. San Francisco Bay Blues
05. Every Night
06. Here, There And Everywhere
07. That Would Be Something
08. Down To The River
09. And I Love Her
10. She's A Woman
11. I Lost My Little Girl
12. Ain't No Sunshine
13. Hi-Heeled Sneakers
14. I've Just Seen A Face
15. Song In Space poetry reading
16. I Like That Stuff poetry reading
17. Maybe May Time poetry reading
18. Hot Persuit poetry reading
19. Good Rockin' Tonight
20. Twenty Flight Rock
21. Band On The Run
22. Ebony And Ivory
23. I Saw Her Standing There
24. I Saw Her Standing There Reprise

DISC TWO
01. Coming Up
02. Get Back
03. The Long And Winding Road
04. Ain't That A Shame
05. Let It Be
06. Can't Buy Me Love
07. Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band


Falkoner Theater, Copenhagen Denmark July 24, 1991
DISC TWO
08. Mean Woman Blues
09. Be-Bop-A-Lula
10. We Can Work It Out
11. San Francisco Bay Blues
12. Every Night
13. Here There And Everywhere
14. That Would Be Something
15. Down To The River
16. And I Love Her
17. She's A Woman
18. I Lost My Little Girl
19. Ain't No Sunshine
20. High-Heeled Sneakers breakdown
21. I've Just Seen A Face

DISC THREE
01. High-Heeled Sneakers
02. Good Rockin' Tonight
03. Twenty Flight Rock
04. Band On The Run
05. Ebony And Ivory
06. I Saw Her Standing There
07. Coming Up
08. Get Back
09. The Long And Winding Road
10. Ain't That A Shame
11. Let It Be
12. Can't Buy Me Love
13. Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band

DISC THREE
TVS News July 20, 1991
14. Be-Bop-A-Lula

MTV Europe News July 23, 1991
15. Band On The Run
- We Can Work It Out
- Get Back

Copenhagen Press Conference July 24, 1991
16. The Long And Winding Road

I Kobenhaven July 24, 1991
17. Mean Woman Blues
18. We Can Work It Out