THE BEATLES / NO.3 ABBEY ROAD N.W.8 2CD

THE BEATLES / NO.3 ABBEY ROAD N.W.8 2CD

販売価格: 3,600円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

マニア必携Mクローデル・レーベルより、またまた凄いタイトルがリリースになりました! タイトルを見て胸躍る古くからのファンも多いのではないでしょうか。アビーロードスタジオの住所をタイトルとしたアナログ時代の名盤が大幅にグレードアップしての登場です。アビーロードのアウトテイクが流出ということでリリース当時かなり話題となり、ベストセラーを記録したと言われる『No.3 Abbey Road N.W.8』は、その後も同タイトルで類似盤が多くリリースされ、CD時代になっても同じような状況で、いずれかのタイトルを既にお持ちの方も多いのではないでしょうか。本作は、それらを内容と音質で凌駕する初のマスター収録となります。アビーロードのリリースから40年あまり、やっとここまで辿り着いたという感慨でいっぱいです。 そもそもこの元となったテープは、70年代の終わり頃、ジョーポープという人物が何人かのコレクターと共同で英国の記者から購入したと言われており、デッカオーディション・テープもその中のひとつでした。今回は、そのジョーポープ・テープより、初めてマスタークオリティでの収録となるのです。

まずディスク1はアナログブートNO.3 ABBEY ROADで初登場した音源を、アナログ落としではなく、2011年発見のロージェネレーションマスターから過去最高音質で収録。まず前半は1968年11月メリーホプキンの『ポストカード』セッションの際に録音された、ポールとドノバンによるリハーサル音源です。メリーホプキンが不在の間に二人で演奏を楽しんだという雰囲気のレコーディングで、ビートルズの「Blackbird」を含め、アコースティック・ギターでセッションを楽しんでいる様子が伺えます。さすがロージェネだけあって、過去においてベストとされたヴィゴトーンよりも格段に音質がアップされているのが聴いてすぐわかり、それだけでも驚きです。

後半は、1969年のアビーロードセッションから、プレ・ミックスを収録。これもアナログ時代から連綿と続いてきた同内容収録に終止符を打つ格段の音質アップに驚くことでしょう。また補正により「Golden Slumbers」のテープのヨレがないのが特長です。「You Never Give Me Your Money」「Something」に長くアドリブ演奏が付いているのもこの音源の特長。某クラブの研究資料テープで聴いた甘酸っぱい青春がよみがえります(笑)。とにかくこの音質のアップ具合はまったく従来のものと別モノといっていいでしょう。

ディスク1のラストには、アナログ世代には懐かしい『WATCHING RAINBOWS』を収録。Get Back Sessionsのリハーサル時に録音され、1969年2〜3月にフランスRTLラジオで放送されたといわれているWatching Rainbowsを収録。フランス語のナレーションが被されています。

ディスク2にはABBEY ROAD SESSIONのレア音源を収録しています。
ジョージが誕生日に録音した3曲のデモはアンソロジーとは別ミックス。ジョンとヨーコのバラードは最近出回ったアセテート音源に加え、オーストラリアで作成された検閲ミックスが収録されています。「クライスト」の部分が謎のドラム音に差し替えられているのが不思議な感じです。また同じ検閲バージョンでもピー音で消されているバージョンも収録しています。Oh! Darlingはボーカル録音の模様をスピード補正したものに加え、オフィシャルのテイクの演奏にボーカルをダビングし曲を再現している様子なども。アビーロード後半のメドレーは「Her Majesty」がメドレーに組み込まれているものと、カットされたものを2種を収録。これを聴くと「Her Majesty」によって流れが確実に遮断されるのでカットして正解だったでしょう。

名盤『NO.3 ABBEY ROAD N.W.8』の決定盤、究極のロウジェネ・ソースによる、格段の音質アップと、アナログ世代には懐かしい収録もあり、初CD化のレア・トラックもあり、アルバム『アビー・ロード』の制作過程を俯瞰するマニアからビギナーまで必携の内容となっています。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤!

DISC ONE
"POST CARD" SESSION with DONOVAN
LOCATION UNKNOWN NOVEMBER 1968
01. How Do You Do?
02. Blackbird
03. The Unicorn
04. Lalena
05. Heather
06. Mr.Wind
07. The Walrus And The Carpenter
08. Land Of Gish

“ABBEY ROAD” PRE-MIX
ABBEY ROAD STUDIO FEBRUARY 22 - AUGUST 20, 1969
09. Octopus’s Garden
10. Her Majesty
11. Golden Slumbers - Carry That Weight
12. You Never Give Me Your Money - Jam
13. Oh Darling
14. Maxwell’s Silver Hammer
15. Something - Jam

HOME RECORDING 1969
16. Goodbye

RTL RADIO BROADCAST IN FRANCE
JANUARY 14, 1969
“INDIAN ROPE TRICK” ruthless rhymes
17. Watching Rainbows
18. Madman
19. Mean Mr. Mustard

“WATCHING RAINBOW” audifon L-7 RE-1
20. Watching Rainbows
21. Madman
22. Mean Mr. Mustard

DISC TWO
“ABBEY ROAD” STUDIO SESSIONS
ABBEY ROAD STUDIO FEBRUARY 22 - AUGUST 20, 1969
01. Old Brown Shoe take 2
02. All Things Must Pass take 2
03. Something take 1 + overdub
04. The Ballad Of John & Yoko Apple Acetate Mix
05. The Ballad Of John & Yoko NZ Censored Mix
06. The Ballad Of John & Yoko EMI Censored Video Version
07. Golden Slumbers - Carry That Weight take 1
08. Oh! Darling vocal overdub session #1
09. Oh! Darling vocal overdub session #2
10. Oh! Darling vocal overdub session #3
11. Oh! Darling vocal overdub session #4
12. Oh! Darling vocal overdub session #5
13. Oh! Darling vocal overdub
14. Polythene Pam Talk
15. Huge Melody part 1 Including Her Majesty
16. Huge Melody part 1
17. Huge Melody part 2
18. Because vocals only
19. Because half vocals only
20. Something monitor mix #1
21. Something monitor mix #2
22. The End unknown

“ABBEY ROAD” STUDIO SESSIONS
ABBEY ROAD STUDIO DECEMBER 8, 1969
23. Octopus's Garden vocals only
24. Octopus's Garden take 10