PAUL McCARTNEY / LET IT BE LIVERPOOL 1990 【CD+DVD】

PAUL McCARTNEY / LET IT BE LIVERPOOL 1990 【CD+DVD】

販売価格: 5,000円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

ウイングス時代以来となる1989年から始まったGET BACK TOURは、1990年まで足掛け2年に渡って行なわれ、100公演以上の回数をこなした。基本的なセットリストは変わらなかったものの、それでもポールの調子やイベント・ステージ、そしてツアー前半と後半など、随所に渡って若干の変更が加えられつつ、ツアーは進行していた。そんな中でも、本国イギリスでの3公演はこのツアーのハイライトとして、いずれも記憶に残るステージとなっている。

1989年9月にスタートしたツアーは北欧から始まった。そしてドイツ、フランスなど欧州をまわりアメリカを経て、年が明けた1990年1月にバーミンガムとロンドンで大規模な連続公演を行なっている。ツアーの中心となったのは国土の広大さに比例してアメリカであり、それ以外ではブラジルで2公演、日本で6公演を行なっている。1990年1月に大規模な連続公演と書いたが、イギリスのツアーはこの1度きりであった。しかし例外が存在する。それが公式にはヨーロッパ・サード・レグと区分されている英国での3公演である。

1990年3月に日本、4月に北米をまわり、4月末のブラジル公演では単独アーティストによる1度のコンサートの観客動員数でギネス記録を樹立している。そして7月から再び北米ツアーに出るのだが、その間の6月に、イギリスで3公演のみコンサートを行なっているのである。そしてこの3公演がいずれもファンにとっても、そしてポールにとっても特別なものとなったのである。ツアーの合間の休暇の時期、わざわざイギリスに戻って単発で3公演を行なったのである。日程は以下の通り。

1990年6月23日 グラスゴー公演
1990年6月28日 リバプール公演
1990年6月30日 ネブワース公演

本作はその内のリバプール公演を収録している。この3公演はいずれも特別なコンサートであることは、フェスティバルだったネブワースのみならず、初日グラスゴー公演には「Get Back To Glasgow」というタイトルがつけられ、このリバプール公演には「Let It Be Liverpool」というタイトルが付与されていることからも伺える。それの意味する所は不明だが、生まれ故郷への凱旋公演とあってさらに特別感が増している。このリバプール公演はオーディエンス録音にて完全収録した音源も残されているのだが、残念ながら音質的に現代の基準からすると厳しいものしか存在しない。しかし幸運な事にダイジェストでありながら当時ラジオ放送された音源が残されている。それが本作のCD部分に収録のものである。約77分の収録なので、ショウの半分といったところだろうか。このツアーでしか演奏していない「We Got Married」や「SGT.Pepper’s 」のリプライズとのメドレーなどを、高音質のサウンドボードで聴ける。そしてこの日のハイライトは何といっても「Strawberry Fields」と「Help」「Give Peace A Chance」である。後にシングルとしてもリリースされたが、こうしてコンサートの流れの中で聴くとまた印象が異なるものである。特にポール自身が感慨深く回想しているのは、「Give Peace A Chance」の演奏を終えた後も聴衆が合唱を止めず、再びピアノに座りリフレインを再開する場面である。ポール自身、ツアーにおいて最も印象的であり感動的だった瞬間だと述べているのが、本作に収録されている「Give Peace A Chance」なのである。

DVDは1990年のドキュメンタリー『GOING HOME』を収録している。「FROM RIO TO LIVERPOOL」という副題が付けられている通り、単独アーティストの動員ギネス記録となったリオ公演から、本作に収録のリバプール公演までの非常に優れたドキュメンタリーとなっている。現在でもポールのライブ史上最大のコンサートとなったブラジルはリオでのコンサートの様子から英国に凱旋。ステージ設営からリハーサル、バックステージの様子など、この時48歳の若きポールのツアーの魅力が余るところなく収録されている。今は亡きリンダの姿も懐かしい。ネブワースにおける「Birthday」のライブ初演、バグパイプ楽団がステージに行進してくるグラスゴーにおける10年ぶりの「Mull Of Kintyre」などが映像で楽しめる。特に「Mull Of Kintyre」は短いながらリハーサルの様子も見る事ができる。そしてハイライトはもちろん、CD部分でも紹介したリバプールのジョン・メドレーである。80年代までポールはビートルズの曲すら積極的に演奏することはなかったのが、89年から始まるツアーで大々的にセットリストに組み込み、この日はジョンの曲まで演奏するというサプライズがあった。それも曲は「Strawberru Fields Forever」と「Help」「Give Peace A Chance」をメドレーで歌うというサービスぶり。ちなみにクレジットは3曲ともLENNON-McCARTNEYである。この映像をみるだけで今でも背筋がゾクゾクする感動に包まれることだろう。

本作はツアーにおいて特別なイギリス3公演の中日リバプール公演をサウンドボードで収録している。またDVDはツアー・ドキュメンタリー「GOING HOME」を収録。記念すべき歴史的瞬間、それもポール自身が最高に感動的だったと語る瞬間を映像でも見る事ができる。これでValkyrieレーベルでイギリスでの3公演が出揃ったことになる。是非この特別なイギリス3公演、グラスゴー、リバプール、ネブワースと揃えてもらいたいと思っている。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

King’s Dock Liverpool U.K. June 28, 1990
AUDIO DISC
SOUNDBOARD RECORDING
01. Got To Get You Into My Life
02. We Got Married
03. The Long And Winding Road
04. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
05. Can't Buy Me Love
06. Put It There
07. Things We Said Today
08. Eleanor Rigby
09. Back In The USSR
10. I Saw Her Standing There
11. Coming Up
12. Let It Be
13. Strawberry Fields Forever - Help! - Give Peace A Chance
14. Hey Jude
15. Get Back
16. Golden Slumbers - Carry The Weight - The End

DVD DISC
“ GOING HOME ” documentary
01. Introduction
02. Jst
03. raining
04. Things We Said Today
05. building the stage
06. equipments settings
07. Paul interview
08. soundcheck
09. securities
10. dressing room
11. Philadelphia
12. Paul interview
13. vegitarian foods
14. before the show routine
15. Birthday
16. after the show
17. Paul arrives Liverpool
18. Pipers rehearsal
19. Mull Of Kintyre
20. fans meeting
21. Paul interviw
22. C Moon
23. George Martin speech
24. Paul Press Conference
25. LIPA
26. Strawberry Fields Forever - Help! - Give Peace A Chance